【特定技能】「空港グランドハンドリング」試験で35名の合格者を輩出

エヌ・ビー・シー協同組合含むメックグループ(以下メックグループ)は、2023年5月にフィリピン・マニラで開催された空港グランドハンドリングの特定技能評価試験にて、35名の合格者を輩出しました。

【特定技能】「空港グランドハンドリング」試験で35名の合格者を輩出

合格者は2023年内に来日し、各地の空港で就労する予定です。

01 特定技能「空港グランドハンドリング」職種、フィリピンで35名の合格

今回は、フィリピンで「日本語試験」と「空港グランドハンドリング特定技能評価試験」に合格した35名人材が、特定技能人材として日本の企業様に配属される運びとなります。

02 国内だけでなく海外での募集も増加傾向

特定技能人材には、下記の条件があります。

  • ①日本語試験の合格(JLPT4級又はそれに相当する試験)
  • ②各産業分野の特定技能評価試験の合格

技能実習2号を良好に修了した技能実習生は上記の試験が免除されるため、従来は国内での募集が一般的でした。
しかし現在は海外での特定技能評価試験の開催数が増えており、今後は海外からの募集が増加する見込みです

メックグループでは、技能実習事業で培ったネットワークを元に、海外での募集を積極的に行っております。特定技能人材の雇用をご検討中の企業様は、ぜひお気軽にお問い合せください。

→特定技能人材について問い合わせてみる

03 特定技能「空港グランドハンドリング」

空港グランドハンドリングとは、空港にて離着陸する航空機の誘導や貨物の積み込み、荷下ろしなどを行う業務です。

特定技能「空港グランドハンドリング」

日本の航空需要は増加し続けており、航空分野での人材不足が課題となっています。

「航空分野における特定技能の在留資格に係る制度の運用に関する方針」によれば、生産性の向上や国内人材確保の取り組みを行ってもなお、令和元年度からの5年間で約8,000人の人手不足が見込まれ、航空輸送は経済社会活動や国民生活を支える基盤であることから、安全で安定的な輸送を行うためには、一定の専門性・技能を有する外国人を受け入れることが必要不可欠とされています。

特定技能評価試験は、日本国内では東京と大阪で開催されており、海外では、フィリピンとネパール、インドネシアで開催の実績や予定があります。

【日本航空技術協会(JAEA)】

メックグループは、空港グランドハンドリング試験が海外で開催される際は合格者を輩出し、随時日本の企業様に配属させられるよう体制を強化してまいります。

04 2023年6月の閣議決定により特定技能「航空」分野も特定技能2号の対象に

2023年6月9日の閣議決定で、特定技能の「航空」分野ほか、9つの分野で特定技能2号の対象分野に追加されることが決まりました。
法令や試験などの体制を整備したのち、随時開始される予定です。

特定技能2号の外国人には、高い水準の技能が求められます。
基準をクリアした特定技能2号の外国人は、在留期間の上限がなく、長期にわたって日本で働けるなどのメリットがあります。

メックグループでは、海外からの特定技能人材支援を積極的に行なっています。
特定技能人材の受入れをご検討の企業様はお気軽にお問い合せください。

→海外からの特定技能人材について話を聞いてみる

みなさまの課題解決を
サポートします

資料請求

エヌ・ビー・シー協同組合がご用意した技能実習に役立つ資料をダウンロードできます。

ご相談・お問い合わせ

技能実習に関する課題や問題解決をサポートします。お気軽にご相談ください。

メルマガ登録

技能実習、特定技能に関する最新情報をはじめとして、セミナー開催情報、受入れ企業様の支援実例など役立つ情報をお届けします。

資料請求 資料請求 お問い合わせ お問い合わせ 動画解説 動画開設
外国人技能実習生
受入事例集
エヌ・ビー・シー協同組合を通じて技能実習生を受け入れた企業様にインタビューした記事をまとめました