セミナー「新たな外国人技能実習制度について」

2017年9月26日開催 @ 神田

新たな技能実習制度セミナー

2017年9月26日、東京都千代田区にて「新たな技能実習制度」について組合員様に向けたセミナーを開催いたしました。

2017年11月の新法施行を目前に控え、新制度による変更点や注意点、監理団体として組合が取り組むべき事、実習実施者として企業様にご協力頂く事をわかりやすくご指導いただきました。外国人技能実習機構は制度の適正化のための監理監督を中心に行い、JITCOは主に制度の円滑化のための支援機関の役割を担うことになります。 JITCOはこれまでは言わば「制度の適正化」と「制度の円滑化」の両方の役割を担ってきたわけですが、新制度においては、監理団体、実習実施者、送出機関などの制度関係者や政府関係機関の間に立って、国内外の関係者に支援・助言を行う組織となります。

そこで今回は、JITCO東京駐在事務所 剱持所長を講師としてお迎えし、新たな技能実習制度について、およそ1時間に亘って講演して頂きました。

受入れ企業様と組合が協力して取り組む新制度

開発途上地域等の経済発展を担う「人づくり」に協力するという制度趣旨を徹底するため、監理監督体制を強化、技能実習生の保護等を図る事を目的とした新制度では、優良な実習実施者及び監理団体に向けて受入れ期間の延長や人数枠の拡大など様々な措置がございます。

しかし、これらを受けるためには、実習実施者(企業様)と監理団体(組合)がともに優良である必要がございます。

弊組合が優良な監理団体として認定を受けることはもちろん、企業様においても優良な実習実施者となっていただくため、新制度におけるポイントを日々の活動やセミナーを通してお伝えしております。

お気軽にお電話ください
受付時間 9:00~18:00
土日祝休
お問い合わせ
外国人技能実習制度とは?

個別のご相談も承っております

弊組合では、このような取り組みを継続して行っております。次回開催情報のお問い合わせや、個別のご相談も承っております。

03-3458-0881
メールでのお問い合わせ・資料請求はこちらから
TOPヘ戻る