お役立ちコラム

2020/11/02

知っていそうで知らない「車検証(自動車検査証)」の見方

  • シェア
  • Tweet
  • LINE
知っていそうで知らない「車検証(自動車検査証)」の見方

エヌ・ビー・シー協同組合でETCコーポレートカードをご利用の組合員さま。

車検証を端から端までじっくりご覧になったことはありますか?

1 知っていそうで知らない「車検証(自動車検査証)」の見方

冒頭に引き続き、というか改めて。

エヌ・ビー・シー協同組合でETCコーポレートカードをご利用の組合員さま、車検証を端から端までじっくりご覧になったことはありますか?

必ず車に載せていないといけないものということはわかっていても、具体的に何が記載されているのかまではご存じないかたもいらっしゃるかもしれません。

1-1 「車検証」ってなんですか?

自動車検査証、いわゆる「車検証」は、「自動車が検査時点で保安基準に適合していたことを証明」し、「所有者や使用者を公証」する公文書です。

車検証を取得するには車検(自動車検査登録制度)を受けなければなりません。

車検では、

    • ・保安基準に適合しているかの確認
      ・自動車の所有権の公証
  • について、一定期間ごとに国土交通省が検査し、登録をおこないます

    1-2 車検証をじっくり見てみましょう

    それでは、実際に車検証をみてみましょう。

    • 1:ナンバープレートの番号が記載されています。
    • 2:名義変更や新規登録した日付が記載されています。
    • 3:日本国内で初めて登録した日付が記載されています。(初年度登録)
    • 4:自動車の種別にあわせて、「軽自動車」「小型」「普通」「大型特殊」のいずれかが記載されています。
    • 5:自動車の用途にあわせて、「乗用」「貨物」「乗合」「特種」のいずれかが記載されています。
    • 6:自動車を使用する目的にあわせて「自家用」「事業用」と記載されています。
    • 7:車体の形状が記載されています。
    • 8:自動車を製作したメーカーの名前が記載されています。(トヨタ・ホンダ等)
    • 9:乗車定員 その自動車に乗れる最大の人数が記載されています。
    • 10:最大積載量 その自動車に乗れる最大の人数が記載されています。
    • 11:車両重量 車両個体の重さが記載されています。
    • 12:車両総重量 車両重量+最大積載量+(55kg×乗車定員)=重量の総和が記載されています。
    • 13:車体番号 車両に与えられた固有番号が記載されています。
      (車台番号は、ナンバープレートの番号と違い、所有者が変わっても番号は変わりません)
    • 14:長さ・幅・高さ 自動車の大きさが記載されています。
    • 15:軸重 前輪や後輪の軸に掛かる重量が記載されています。
    • 16:型式 車種・エンジン種類(排気量)・駆動方式の識別番号が記載されています。
    • 17:原動機の型式 エンジンの型式番号が記載されています
    • 18:総排気量・定格出力 ガソリン・ディーゼル・ハイブリットの排気量/Kw
    • 19:燃料の種類 ガソリン・軽油・水素電気・LPガス使用する燃料の種類
    • 20:型式指定番号:自動車を開発して認可された時の番号
    • 21:種類別番号:メーカーオプション・装備内容の番号
    • 22:所有車氏名・名称・住所
    • 23:使用者氏名・名称・住所・使用の本拠地
    • 24:有効期限の満了する日
    • 25:備考  (新規登録・継続検査・移転登録など)、重量税額、前回の車検時の走行距離と今回の車検時の走行距離、燃費基準達成年度、点検整備実施状況などが記載されています。

    いかがですか。

    こんなにもたくさんの情報が記載されていたんですね。

    2 車検証とETCコーポレートカードの関係

    ここでETCコーポレートカードと車検証との関係です。

    ネクスコ発行のETCコーポレートカードの場合は、

    23:使用者氏名・名称・住所・使用の本拠地が重要になります。

    法人名が記載されている事、個人事業主の場合は個人名でOKです。

    履歴事項全部証明書・個人事業主の場合は確定申告書または開業届出書が必要になります。

    エヌ・ビー・シー協同組合ではスタッフが詳しく丁寧にご説明いたしますので、何なりとお問い合わせくださいませ。

    お問い合わせはこちらのフォームから。

    |お問い合わせフォーム |【エヌ・ビー・シー協同組合】|



    TOPヘ戻る