エヌ・ビー・シー協同組合のSDGsへの取り組み

持続可能な開発目標SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは

持続可能は開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。

17のゴール、169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」のことを誓っています。

SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

一般監理事業として

外国人技能実習制度を通じて発展途上国の貧困をなくし、技術の移転をおこない、教育レベルを上げ、格差ゼロをめざしてグローバルな支援をおこなっていきます。

性別、国籍などで差別せず

男女の性差、国籍に関係なく能力に応じて適切なポジションを用意します。

産休育休の取得を積極的におこない、時差出勤などの働き方改革もおこなっていきます。

自然環境に配慮して

社用車にハイブリッドカー、社内の照明はLED照明を使用し、二酸化炭素の削減にとりくみます。

社内でのゴミもしっかり分別し、ペットボトルやプラスチックなどのリサイクルを促進します。

エヌ・ビー・シー協同組合は持続可能な開発目標を支援しています

お役立ちコラム【実は!?】外国人技能実習制度=SDGs

TOPヘ戻る