エヌ・ビー・シー協同組合のSDGsへの取り組み

わたしたちエヌ・ビー・シー協同組合は

外国人技能実習制度を通じて発展途上国の貧困をなくし、技術の移転をおこない、教育レベルを上げ、格差ゼロをめざしてグローバルな支援をおこなっていきます。

男女の性差に関係なく能力に応じて適切なポジションを用意します。
産休育休の取得を積極的におこない、時差出勤などの働き方改革もおこなっていきます。

社用車をすべてハイブリッドカーへ、社内照明をすべてLED照明にし、排気ガス・温室効果ガスの削減を心掛けています。

多種多様な国民・人種が、わけへだてなく同じ職場で平等に働いています。
雇用条件に、民族国籍性別などによる差は一切ありません。

日頃からゴミを分別し、「もったいない」の精神のもとに3Rを心掛けています。

わたしたちエヌ・ビー・シー協同組合は

SDGsを通じて、持続可能な開発目標の達成に向けて積極的に貢献していきます。

エヌ・ビー・シー協同組合は持続可能な開発目標を支援しています

TOPヘ戻る