eBook「企業が理解を高めるべき賃金設定ガイド」

技能実習の意義は「技術の移転」であり「国際貢献」ですが、受入企業と技能実習生は雇用契約を結びますので、そこには当然賃金が発生します。賃金ベースは日本人と同じですが、限られた期間しか在籍できない技能実習生の場合、受入企業による賃金設定の考え方も日本人とは変える必要があるのかもしれません。

技能実習生、受入企業双方の納得できる賃金設定にできれば、実習生活は更に充実していくことでしょう。

技能実習生受け入れの際、賃金設定の見直しの際には、ぜひ手にとってお役立てください。

eBookダウンロードフォーム

TOPヘ戻る