お役立ち情報

2021/09/08

【2020年度版】運送・物流業界レポート

【2020年度版】運送・物流業界レポート

2021年も後半に入り、2020年の様々な数字が出揃ってまいりました。

そんな中から、今回は運送業界、物流業界についての数字を取り上げてみます。

01 2020年運送業界売上ランキング

売上高ランキング(2020年) 売上高(億円) 本社所在地
1位 日本郵政(株) 20,827 東京都
2位 日本通運(株) 20,803 東京都
3位 ヤマトHD 16,301 東京都
4位 SGホールディングス(株) 11,734 京都府
5位 (株)日立物流 6,722 東京都
6位 セイノーHD(株) 6,271 岐阜県
7位 センコーグループHD(株) 5,700 東京都
8位 山九(株) 5,694 福岡県
9位 (株)近鉄エクスプレス 5,445 東京都
10位 鴻池運輸(株) 3,108 大阪府
11位 福山通運(株) 2,909 広島県
12位 SBSホールディングス(株) 2,555 東京都
13位 ニッコンHD(株) 1,995 東京都
14位 (株)日新 1,973 神奈川県
15位 トナミHD 1,371 富山県

16位以下には、

丸全昭和運輸、ハマキョウレックス、名鉄運輸、C&Fロジホールディングス、アルプス物流、丸和運輸機関、ゼロ、阪急阪神HD、日本郵船、ロジネットジャパン、新潟運輸、日本ロジテム、丸運、ニヤクコーポレーション、エスライン

などがならびます。

2020年の主要41社の売上は、12兆8,264億円となっています。

02 宅配便の取扱個数

続いて、個人宅向けサービスである宅配便の配達個数を、2019年と比較しながら見ていきましょう。

ねこちゃん

02-01 2019年度宅配便取扱個数

国土交通省発表によると、2019年度の宅配便取扱個数は43億2,349万個、前年比1,647万個、1%の増加でした。

業界内の比率をみると、取扱い数の上位3社で全体の94%を占めています。

宅配便名 取扱事業者 前年取扱個数(千個) 取扱個数(千個) 前年比 業界比
宅急便 ヤマト運輸(株) 1,803,530 1,799,922 99.8% 42.0%
飛脚宅配便 佐川急便(株) 1,246,638 1,257,728 100.9% 29.3%
ゆうパック 日本郵便(株) 942,241 974,457 103.4% 22.7%
▼参考リンク

国土交通省:令和元年度 宅配便取扱実績について

02-02 2020年度宅配便取扱個数

2020年度は更に取扱個数が増え、総数48億3,647万個、前年比5億1,298万個、11.9%の増加となりました。

また業界内比でも上位3社の占める割合が94.8%となり、寡占化が進んでいる様子がうかがえます。

宅配便名 取扱事業者 前年取扱個数(千個) 取扱個数(千個) 前年比 業界比
宅急便 ヤマト運輸(株) 1,799,922 2,096,994 116.5% 43.8%
飛脚宅配便 佐川急便(株) 1,257,728 1,347,900 107.2% 28.2%
ゆうパック 日本郵便(株) 974,457 1,090,792 111.9% 22.8%
▼参考リンク

国土交通省:令和2年度宅配便取扱実績について

02-03 宅配便増加の裏側

個人宅向けの宅配便個数の取り扱いが増えたのは、近年のネット通販の増加に加え、新型コロナウイルス感染症による、いわゆる「出控え」によるものと考えられます。

しかし宅配便個数は増加したものの業界主要5社の売上は軒並み減少しており、これもまた新型コロナウイルス感染症により企業間取引が減少したことの影響だとみられます。

今後もこの傾向は続くと予想されますので、個人向けの宅配便のさらなる伸びに期待したいところです。

個人宅向け宅配便の個数が伸びるということは、荷分けの作業員やドライバーの人員増が必要になりますが、業界は慢性的な人員不足に悩まされています。

取扱い数のさらなる増加に向けて、労働環境改善や運賃の値上げ、業務効率化や省人化など、業界をあげて取り組んでいますので、今後に期待です。

03 2020年トラック新車販売台数

すこし視点を変えて、トラックの新車販売台数をみてみましょう。

2020年度トラック(大型・中型)新車販売台数
メーカー 大型(前年比) 中型(前年比) 合計(前年比)
日野 20,544台(-9.6%) 12,655台(-14.5%) 33,199台(-11.5%)
いすゞ 15,088台(-3.2%) 13,745台(-1.4%) 28,833台(-2.3%)
三菱ふそう 11,005台(-6.2%) 3,791台(-9.4%) 14,796台(-7.0%
UDトラックス 9,014台(-5.2%) 570台(-21.2%) 9,584台(-6.3%)
合計 55,651台(-6.5%) 30,791(-8.6%) 86,412台(-7.3%)

大型、中型合計で、前年比7.3%減の8,6412台の新車販売と、2年ぶりに前年実績を下回る結果となりましたが、ここにも新型コロナウイルスの影響が如実に現れています。

知ってる?ポイント
★各社の代表モデルをご紹介します。ご存知ですか?
メーカー 小型 中型 大型
日野 デゥトロ レンジャー プロティア
いすゞ エルフ フォワード GIGA
UDトラックス Kazet Condor Quon
三菱ふそう Canter Fighter SuperGreat

04 まとめ

数字で振り返ってみると、運送業界、物流業界にも新型コロナウイルスの影が落とされていることがよくわかりました。

物流対策として、NEXCOは業務目的で高速道路を利用するトラックなどに配慮して、「大口・多頻度割引」を実施しています。

これは、高速道路での利用料金が大きくなればなるほど割引も増えるというものです。

エヌ・ビー・シー協同組合では、運送事業者さま、業務にて営業車をご利用中の企業さまに「大口・多頻度割引」の適用されるETCコーポレートカードをご案内しております

通常のETCカードと比べても、割引が数倍大きくなるカードです。

現在のご利用状況などから、どれだけの割引ができるか算出が可能ですので、ぜひお気軽にお申し付け下さい。

エヌ・ビー・シー協同組合は、わたしたちの生活を支える基幹産業である運送業界、物流業界を応援しています。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらのフォームから。

|ETCコーポレートカード |【エヌ・ビー・シー協同組合】|

LINE友達登録


TOPヘ戻る