お役立ち情報

2018/04/01

GWの渋滞予測

2018年のゴールデンウィーク(GW)はどのように過ごす予定でしょうか? 長期間休みがとれる方にとっては充電期間にもなりますね。

 

今年のゴールデンウィークは、3連休のあと2日出社して4連休のパターン、長い方になると9連休のパターンの2つになると予想されます。2019年からは5月1日が祝日となる予定なので、GWはさらなる大型連休になりそうですね。

 

GWの高速道路の渋滞はひどいですが、帰省ラッシュ、Uターンラッシュの日やピーク時間帯をおさえておけば、混雑を避けられます。少しでもゆとりをもって運転するために、参考にしてください。

 

帰省ラッシュ(下りのピーク)

 

帰省ラッシュ、下りのピークは

4月28日(土)

5月3日(木)

の2日になりそうです。

 

2018年のGWは初日の4月28日(土)と5月3日(木)が最も混雑のピークとなるでしょう。先ほど紹介したように、5月1日、2日を休みにしているケースもあるため、初日28日がより混雑ピークと予想されます。

 

どちらかに分散されるとはいえ、高速道路は何十キロも渋滞が続きます。

 

さらに、時間帯は早朝から夕方にかけて高速道路は渋滞のピークを迎えるでしょう。

ピークを過ぎてもノロノロ運転は続きます。なので、渋滞での運転疲れを避けるためにも、できれば4月27日(金)の夜に出発するか、もしくは28日の深夜2時頃に出るのがおすすめです。

 

次いで渋滞が予想される区間は以下の通りです。

 

東北自動車道(下り)

区間:川口JCT~館林IC・宇都宮IC~西那須塩原IC

時間:5時~14時

ピーク時渋滞距離:40km

 

 

常磐自動車道(下り)

区間:谷和原IC~土浦北IC

時間:7時~14時

ピーク時渋滞距離:25km

 

 

関越自動車道(下り)

区間:大泉JCT~嵐山小川IC

時間:5時~14時

ピーク時渋滞距離:40km

 

中央自動車道(下り)

区間:高井戸IC~相模湖IC

時間:5時~18時

ピーク時渋滞距離:45km

 

 

東名自動車道(下り)

区間:東京IC~秦野中井IC

時間:4時~14時

ピーク時渋滞距離:35km

 

 

Uターンラッシュ(上りのピーク)

Uターンラッシュのピークは

5月5日(土)

5月6日(日)

 

2018年GWのUターンラッシュのピークは5月5日と予想されます。連休最終日の前日5月5日の午後、最終日の6日午前が混雑のピークとなるでしょう。

 

Uターンラッシュを避けるには午前中の早い時間帯に出発するか、5月5日の夜中に出発することがおすすめです。

 

次いで渋滞が予想される区間は以下になります。

 

関越自動車道(上り)

区間:高崎JCT~鶴ヶ島IC

時間:11時~翌1時

ピーク時渋滞距離:45km

 

中央自動車道

区間:大月IC~八王子JCT

時間:9時~翌1時

ピーク時渋滞距離:30km

 

東名自動車道

区間:御殿場IC~横浜町田IC

時間:11時~23時

ピーク時渋滞距離:35km

 

渋滞は運転もさることながら、イライラすることで精神的にも疲れますので、ピーク時間を避け計画を立てましょう!



TOPヘ戻る