お役立ち情報

2017/10/30

「特別転回」という制度

みなさんご存じですか、「特別転回」という制度

 

たまに聞く「高速道路での逆走」のニュース、一度は耳にしたことがあるかと思います。

あなたも普段使い慣れない高速道路を走っており、ジャンクションで間違った分岐に進んでしまったり、目的の出口でうまく進路変更が出来ずに予定のインターチェンを乗り過ごしてしまったこと等があるかもしれません。その際、気が動転してバックで戻ろうとしたり、Uターンなどして逆走なんてことをしてしまったら大変な事故になりかねません。

 

このような時の為に「特別転回」という制度があります。

特別転回とはどういう制度かというと、高速道路上を走行していてジャンクションを間違えたり、目的のインターチェンジで降りれなかった場合などは追加料金なしでUターン(再入場)できるという制度です。特別回転とも呼ばれます。

 

では、実際の利用方法は以下になります。

◎最寄りのインターチェンジにて「一般」(有人)レーンで降りる

分岐を間違えたとき、目的のインターチェンジで降りれなかった場合は、最寄りのインターチェンジで降ります。その際、「ETC専用」レーンではなく必ず「一般」(有人)レーンを通って下さい。

また、ETCカードが無線通信に反応してしまいますので、レーンを通る前にETCカードを抜いておきましょう。

    ↓

◎「特別転回証明書」を受け取る

 道を間違えた旨を係員に伝えETCカードを提示すると係員が「特別転回証明書」を発行してくれます。 現金での通行の場合は、通行券に「特別転回承認印」を押してくれます。

    ↓

◎一度出て入口のインターチェンジへ向かう

 安全を確認しながら転回をして反対車線へ移動します。ゲートを出てすぐにUターンできるところもあれば、一般道まで一度出てから反対車線で入口ゲートまで戻ってくる場合もあります。

入り口まできたら、再度「一般」(有人)レーンへ入り、係員へ「特別転回証明書」とETCカードを提示します。

    ↓

◎目的のインターチェンジに向かい再度高速道路へ

 ETC利用車は入口を通過したら忘れずにETCカードを車載器へ挿入してください。では、安全運転で目的のインターチェンジへ向かいましょう。

 

しかしながら、この「特別転回」ですが残念ながら利用できない場合もあります。

インターチェンジ等の構造によっては転回すること自体が不可能な場合やスマートインターや有人ゲートがない場合などは利用できませんのでご注意ください。

 

ちなみに、エヌ・ビー・シー協同組合からお渡ししている法人専用のETCコーポレートカードをご利用の場合でも割引きの対象となりますのでご安心ください。

 

NEXCO西/東/中日本では、「道路整備特別措置法に定める併用約款」の、「高速道路営業規則 第7章 特別な通行をした場合の料金」に特別転回の内容が定められています。

参考資料:

http://www.e-nexco.co.jp/company/law_ordinance/covnants/regulation/section7.html

 

高速道路上での逆走・Uターンは重大事故を引き起こす原因にもなります。そもそも禁止行為ですので絶対やってはいけません。間違えてしまった時はあわてずあせらず落ち着いて行動するようにしましょう。



TOPヘ戻る