お役立ち情報

2017/02/09

ホームページにご訪問頂きましてありがとうございます。

この度はエヌ・ビー・シー協同組合のホームページにご訪問頂きましてありがとうございます。

 

お役立ち情報に代えまして、このサイトに訪れて頂きました組合加入を検討して頂いている企業様へ弊組合を簡単にご紹介させて頂ければと思います。

 

弊組合は日頃より、「日本における中小企業の割合は99%であり、地域経済活動の基盤である中小企業と共存・共栄していくことで我々の目的は成就する」という大きな理念を掲げております。

 

弊組合の共同利用事業・共同購買事業を通じて日本経済の担い手である中小企業が集結し大企業にも負けない経済・活動力を作り出し続けていけるよう組合員企業間の交流を支援しております。

 

弊組合の共同利用事業では、NEXCO東日本、NEXCO中日本、NEXCO西日本(以下三会社)が発行元となっている「ETCコーポレートカード」を利用することが可能です。

特徴としましては、法人様限定でカード発行ができまして大口・多頻度割引を受けることが可能になります。

簡単に申しますと「高速利用料が最大30%割引できる」というETCカードなのです。

多くの皆様がよくイメージされるETCカードは信販系会社が発行元になっておりまして割引というよりは、ポイント還元式に高速料金の割引を行うという性質になっております。

通常のETCカードとETCコーポレートカードを比較しますと経費面で大きな削減が見込める形になります。

 

昨今は物流コスト安定化等のための高速道路料金割引の臨時措置として大口・多頻度割引の最大割引率を30%から40%までの引上げを行っておりましたが、2016年12月末で措置が終了となっております。

ただし、現在ETC2.0車載器という新型の車載器が発売され、国土交通省がその普及推進を促しており、ETC2.0車載器搭載車におきましては最大割引率40%の割引が2018年3月末まで引続き延長される形となっております。

同時に2017年3月末までにETC2.0の車載器の搭載車を対象にNEXCOより10,000円の助成金が支給されますのでコストを抑えた形でETC2.0車載器を取付ることが可能でございます。

 

現在弊組合では既に約2300社(2016年12月時点)の組合員様にご利用いただいており、経費削減にご興味のある企業様は是非とも我々のETCコーポレートカードをご利用頂くことで経費削減の支援ができれば幸いでざいます。

 

さらに、弊組合では燃料共同購買ということで燃油カード(ENEOS FCカード、宇佐美ユーワンカード、エクソンモービルコーポレートプラスカード)の取扱いも行っております。

ハイオク・レギュラー・軽油をキャッスレスで給油が可能となり、経済産業省の資源エネルギー庁発表の全国平均価格を基に全国均一の価格でご提供させて頂いております。燃油カードも数千社という組合員の皆様と大口の仕入れを行うことによりスケールメリットを活かしつつ出来るだけお安い価格で燃油をご提供できるようになっているものでございます。

 

当然、運営についても非常に重要でございまして、弊組合の加入時には年会費などはかかることはないですが、出資金として10,000円をお預かり(退会時には返金)させて頂いております。

加入組合員様には出来るだけご負担を少なくするためにも、出資金を主な運営費にするという事ではなく、出来るだけ多くの組合員様に共同利用事業・燃油共同購買をご利用頂くことで弊組合自身で主な運営資金を生み出せるようにしております。

 

冒頭に申し上げた通り、日本経済のに担い役である中小企業と"共存・共栄"していくことをモットーに組合運営を行っておりますので、多くの企業様に共同利用事業・共同購買事業を利用して頂きながら日本企業の活性化に貢献してまいりたいと思います。

 

・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・

 

【ETC2.0対応車載器の割引優遇について】>>



TOPヘ戻る